ホワイトハウス:ショーン・スパイサー氏が報道官の仕事を辞任し、スカラムッチ氏が通信局長に就任。

金曜日、ホワイトハウスの報道官、ショーン・スパイサー氏は辞任を発表した。

新しく任命されたホワイトハウス通信局長アンソニー・スカムッチ氏は、金曜日の午後に、ホワイトハウス記者団に自己紹介した。


By Hannity.com  White house


ホワイトハウス:ショーン・スパイサー氏が報道官の仕事を辞任し、スカラムーチ氏が通信局長に就任。

金曜日、ホワイトハウスの報道官、ショーン・スパイサー氏は辞任を発表した。

新しく任命されたホワイトハウス通信局長アンソニー・スカラムッチ氏は、金曜日の午後に、ホワイトハウス記者団に自己紹介した。

そして、ショーン・スパイサー報道官が国への奉仕に感謝し、ジャーナリストからの質問に答えた。

52歳のニューヨークのビジネスマン(前の著名な銀行の最高戦略責任者(CFO)と最高経営責任者(CEO))は、スパイサーが辞任した後、サラ・ハッカービ・サンダースがホワイトハウスの報道官を引き継ぐことを正式に発表した。

「最初にサラ・ハッカービ・サンダースが、報道官になることを正式に発表させてください。」とスカラミッチ氏は語った。

「まず、私が言いたいことは、私は個人的に、ショーン・スパイサーに私だけでなく、大統領、行政を代表して感謝しています。

ショーンは真のアメリカの愛国者であり、彼は軍人であり、彼はすばらしい家族を得て、素晴らしい仕事をしました。」

スカラムッチ氏はその後、ホワイトハウス顧問のレインス・プリーブス氏と新任のサンダース報道補佐官との強い関係についてコメントし、大統領の課題を進めるために協力することを誓った。

「私たちはチームにとって真のプロとして、政府のメッセージを発信するプロセスまでゆだねられます。私はそれが私たちの大きな目標の1つになると思います。」

と彼は記者団に語った。

「大統領に会う方法と、大統領をどれだけ愛しているか、またおそらく大統領にあう方法でいくらか時には、隔たりがあります。」

「私たちがどれくらいうまくやっているのかということと、私たちがどのくらいうまくやっていると皆さんの何人が考えているかという間には、裁定の隔たりがあるかもしれません。その隔たりをなくすために一生懸命働くつもりです。」

スカラムッチ氏は20年以上前にニューヨークでトランプ大統領と初めて会った。

そして、2人は近づき、2012年の大統領選挙でミット・ロムニー氏のために選挙運動をした。

彼は以前フォックス・ビジネス・ネットワークで、毎週、金融関係の番組の司会をしていた。

元記事はこちら↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。