北京:中国は、アメリカで働く2万5千人のスパイを持っていて、いつでも米国を破壊する準備ができている

中国の億万長者である郭文贵氏は、中国は、アメリカで働く2万5千人のスパイを持っていて、いつでも米国を破壊する準備ができていると警告した。


By Sean Adl-Tabatabai July 20, 2017


中国の億万長者である郭文贵氏は、中国は、アメリカで働く2万5千人のスパイを持っていて、いつでも米国を破壊する準備ができていると警告した。


中国から脱出し、ニューヨークに引っ越した億万長者の投資家は、1980年代、中国のおびただしい数のスパイが、政府を打倒し、重要なインフラを破壊するため密かにアメリカに流入していたと述べた。


Shtfplan.comは次のように報道した。

私たちは、彼の警告を非常に真摯に受け止めなければならない。


これは、The Freebeaconとの最近のインタビューで提起された。


郭氏は、現在の指導者習近平氏に権力が与えられた2012年の共産党会議の後、米国内の中国のスパイが急増したと述べた。


「2012年までは、中国には累積的に1万〜2万人のスパイが米国で働いていました。

これらのスパイたちは、米国で50年以上働いており、防衛モードで働いていました。」


この実業家によると、防衛のスパイは、主に米国について学ぶことに重点を置いていた。その後、2012年に活動が「攻撃的」なスパイに変わった、と彼は言った。


「攻撃活動によって、可能な限り米国を破壊する準備ができているという意味です。」

と郭は語った。


そして、これらのスパイは中国からの移民だけではない。


郭氏によると、彼らの多くは給料のために自国を売り反逆したアメリカ人であるので冷酷になる可能性があるらしい。


2012年までのスパイ活動のための中国の予算は、年間約6億ドルであった。


2012年頃には、中国の指導者が米国に別の5000人のスパイを派遣することを決定した。


「彼らのうちの何人かは学生として、あるものはビジネスマンとして、そしていくつかは移民として送られたが、一斉に5000人送られてきました。」


「それに加えて、彼らは15,000人から18,000人、新たなスパイが育成されました。

しかし、これらのスパイは、本国から派遣されてきているのではなく、米国内で育成されています。」


採用されたスパイは、アジア人および中国系アメリカ人に限らず、ヒスパニック、黒人、および白人を含むすべての民族を含む。


「現在、予算は毎年30億〜40億ドルです。これは1カ月以上前の情報です。」と彼は語った。


郭氏は、米国の諜報機関はいくつかの問題に直面しており、主に中国の諜報機関に関する知識が不足していると指摘した。


「中国のどの組織がこれらのスパイを送るのか、どのように管理されているのか、そしてどのような目的を持っているのかはわからない。

米国は、スパイの問題を見るために非常に法律尊重な考え方を採用している。

しかし、中国にとって、その方法は米国が理解するものではありません。」


「これらのスパイは、彼らが米国に来るとき、彼らは周りを眠らせ、あなたを殺すためにワインのグラスに毒を入れることができます。完全に無節操なやりかたで。」

と彼は述べた。


彼らの目的については、郭氏は、スパイは主に軍事技術を盗むためにここにいると主張している。


しかし、彼らはまた、高位の政府関係者、そして中国の有利なビジネス取引を与えることができる政治的および企業的なエリートを「買収する」ためにここにいる。


そして最も恐ろしいことは、これらのスパイが悪意のあるソフトウェアを最も重要なインフラシステムに埋め込み、政府の主要武器供給業者に完全に潜入させたということである。


それは重要な問題を提起する。


政府はこれをどのように起こさせたか?

すべての強力なNSA(国家安保障局)の監視ネットワークがこれらの人々を捕まえることができるのではないか?


どうやらそれはない。


私たちは安全のために自由と交換したように見えるが、いつのまにか、私たちには、どんな安全も受け取っていなかった。


我々の政府が広範囲にわたる政府監視の承認と我々の市民的自由の破壊を後で示唆するテロリストに資金を助成して、精力的に訓練している間、彼らは我々の社会のあらゆるレベルに潜入させたのおびただしい数の中国のスパイが流入していることを見落した。


あなたはそれを無能と呼ぶこともできるが、それはもっと不吉なものかもしれない。


ジョエル・スコーセン氏が何度も指摘してきたように、我々の政府は隠された意図のあるグローバル主義者達だらけである。


彼らはアメリカ、中国、ロシアの間の別の世界大戦を導いて、アメリカの破壊をもたらし、グローバルな政府への道を作りたいのである。


その計画の一環として、我が国が中国との戦争で負けることを期待して、彼らは至る所でアメリカを蝕んできた。


彼らが画策している戦争。


おそらくその努力の一環として、中国政府がインフラに不正アクセスし、高度な軍事技術を盗んでいるということに顔を背けていた。


場合によっては、郭氏が正しければ、アメリカは、新たな世界大戦と戦う立場ではなく、深刻な危機に瀕した国である。


元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。