オバマケアの全撤廃は、上院で否決された。

差し替えなしの米国連邦政府医療費負担適正化法(ACA)を全撤廃する修正案は、45-55のの票によって、米上院で否決された。


By Hannity,com     July 26,2017


進展中の話題


差し替えなしの米国連邦政府医療費負担適正化法(ACA)を全撤廃する修正案は、45-55のの票によって、米上院で否決された。


共和党議員7人が共和党に反対票を投じた。


反対した共和党員は次の通りである。

ラマー・アレキサンダー(テネシー州)

シェリー・ムーア・キャピト(ウェストバージニア州)

スーザン・コリンズ(メイン州)

ディーン・ヘラー(ネバダ州)

ジョン・マケイン(アリゾナ州)

リサ・ムルコウスキー(アラスカ)

ロブ・ポートマン(オハイオ州)



共和党上院議員のリーダーシップによって否決されると予想されたこの投票は、バラク・オバマが署名した医療法案を廃止、延期、または置き換える医療法案を決める数日間の中で2回目の試みである。


昨夜、上院議員たちは、今年初めに下院で承認された廃止と代替計画を通過することができなかった。


ミッチ・マコネル上院議員は、オバマケアのある特定の要素を排除する「中身のない撤廃」と呼ばれる改正案を導入するだろうが、失敗した法律を全撤廃するまでには至っていない。


「中身のない撤廃」法案は、健康保険の取得を強制するという個人に対する政府の義務と、従業員に医療保険を提供するよう強制する企業に対する命令を廃止する可能性が高い。

医療機器税などの各種税も引き上げることも可能だ。


元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。