トランプのトランスジェンダー兵士禁止:あなたが知るべき5つの事実

7月26日に、ドナルド・トランプ大統領は、彼の政権下において、トランスジェンダーの人たちのすべての兵役を禁止すると発表した。


By Jessica McBride    July 27,2017


7月26日に、ドナルド・トランプ大統領は、彼の政権下において、トランスジェンダーの人たちのすべての兵役を禁止すると発表した。


トランプ氏は、トランスジェンダーの人々が米軍での勤務を許可することが、それらの軍隊に「膨大な医療費と混乱を引き起こす」と主張した。


今朝早く、トランプ氏は、ツイッターの投稿で、バラクオバマ前大統領が、解除した政策を復活させるという、彼の論争の的となる新しい方針を発表した。


記者会見では、サラ・ハッカービー・サンダーズ新報道官は、

「国防総省が、現在海外に派遣されているトランスジェンダー兵士はどうなるのかという質問に関することを主導する。」

と述べた。


************

↑サラ ・ サンダースは、トランスジェンダー兵士についての質問を続けた場合、記者会見を中断すると脅した。 気がかりな始まり。


*********************

あなたが知るべきことはここにある。


==================================

1.

トランプは、トランスジェンダーの人々の入隊を許すことが米軍に負担をかけると書いた。


トランスジェンダーの兵役禁止を発表したツイッターで、トランプ氏は、禁止を復活させることを決定する前に将軍や軍の専門家と相談したと書いた。


彼の完全な声明は次の通りである。:

私の将軍や軍の専門家と相談した上で、米国政府は、米国軍のいかなる能力でもトランスジェンダーの人を受け入れる、または許可しないことをお知らせいたします。
私たちの軍隊は、決定的で圧倒的勝利に集中しなければならず、軍隊のトランスジェンダーに伴う膨大な医療費と混乱で負担をかけることはできません。
よろしくお願いいたします。


トランプの実際のツイートは次のとおり:


ホワイトハウスは、この方針を実行するために国防総省とともに働くと、サラ・ハッカビー・サンダーズは述べた。

↑ 現在、派遣されているトランスジェンダー兵士の運命に関して、サラ・ダンサースは、禁止の実行は、「合法的な決定」をしなければならないと述べた。


トランプのツイートは、すぐに論争を引き起こした。


======================================


2.

何千人ものトランスジェンダーの人々が米軍に勤務していると推測されている。


何人のトランスジェンダーの人々が米軍に勤務しているのだろうか?


最近の研究の一つによると、何千人も、そしてあなたが今まで勤務した人を数えればさらに多くなる。


バラク・オバマがこの方針を変えるまで、トランスジェンダーの人々は、米国軍に公然と職務に就くことができなかったという事実にもかかわらずだ。


2014年にUCLA法学部のウィリアムズバーグ研究所によれば、

「推定15万人のトランスジェンダーが米国軍隊に勤務しているか、または現在活動中である。

さらに、推定134,000人のトランスジェンダーが退役軍人であるか、または警備隊や予備軍から引退している。

現在8,800人のトランスジェンダーの成人が米国軍に勤務しており、6,700人のトランスジェンダーが警備隊または予備軍に就いている。」

とある。


また、ランド・コーポレーションによる別の調査では、

「現在の政策と経験的データの不足のために、軍隊の中でトランスジェンダー兵士を推定することは困難である。

広範囲のトランスジェンダー率の推定値を適用し、複数の調査からのデータを組み合わせ、軍の男性/女性分布を調整すると、現役兵士の中で、約2,450人のトランスジェンダー兵士の中規模な推定値が得られた。(約130万人の現役兵士)と1,510人が選抜予備軍に含まれている。)」

「小集団のみが性転換関連治療を受けるだろう」と付け加えた。

調査データと民間健康保険の請求データから得られた推測によれば、毎年、現役兵士のうち29〜129人の兵士が、派遣に関する能力を損なう可能性のある性転換関連の治療を求めている。」

としている。


この調査で、トランスジェンダー兵士の防衛即応隊において「最小限の可能性のある影響」があることが分かった。


========================================


3.

バラク・オバマは、トランスジェンダー兵役の禁止を解除した。


バラク・オバマ声明、バラク・オバマ・リアクション、オバマ大統領によって改正されたオバマケア。


以前、トランスジェンダーの人々は、米軍に公然と兵役に就くことを禁止されていたが、バラク・オバマ大統領はその禁止を解除し、彼らに兵役に就くことを許可した。


しかし、オバマの変更はまだ最終的な見直し中であった。



「米軍が武装勢力の文化の変化に先駆け、早ければ来週としてトランスジェンダーの兵役の禁止を解除する準備をしている。」

とウォール・ストリート・ジャーナルが報道した後、トランプのツイートは1年後に投稿された。


NBCニュースによると、1年前、

「当時、バラク・オバマ前大統領のアシュ・カーター国防は、トランスジェンダー兵役の禁止を解除した」と述べた。


CNNは、

「トランプ氏の決定は、バラク・オバマ大統領の下で国防総省が最初に承認し、トランスジェンダーが軍に開放的に勤務することを可能にする政策を逆行させる。」

と報じた。


しかし、以前、トランプの国防長官ジェームス・マティスは、この変更の実施を延期していた。

「私は、国防長官になってから、国防総省が1つの重要な基準に対する各政策決定を比較しなければならないことを重視します。:

その決定は、軍の準備と致死率に影響を与えるか?

別の言い方をすれば、その決定はアメリカの軍隊が国家を守る能力にどのような影響を与えるか?

軍隊の中のトランスジェンダー個人以前に、私が以下のガイダンスを提供している基準に反しています。」

とCNNは報じている。


===============================


4.トランプの発表は、ケイトリン・ジェンナーとチェルシー・マニングからの速攻批判をオンラインで呼び起こした

一部の人々は、禁止法違反と告発し、元兵士のチェルシー・マンニング(女性に性転換した)は、それを「臆病者」分類した。


****************************************

↑ だから、地球上でもっとも巨悪で、もっとも金持ちな軍隊は、一部の性転換した人に泣いている。だけど、F-35の資金は?臆病者のように聞こえる。

****************************************


「米軍の中に、1万5000人の愛国者のトランスジェンダー・アメリカ人が、私たちみんなのために戦っています。」

7月26日、ケイトリン・ジェナーは、大統領がトランスジェンダーの人々の軍隊に勤めることを禁止したことをツイッターでつぶやいた後、数時間後ツイートした。


ジェニファーは、トランプからの2016年のツイッターと一緒に彼女のコメントをツイートした。

「LGBTコミュニティにありがとう!私はヒラリーがあなたの自由と信念を脅かす人をさらに招いている間、私はあなたのために戦います」


ジェンナーは、トランプに投票したためにオンラインで批判に直面している。


トランスジェンダーである元海軍特殊部隊Lのクリスティン・ベックは、トランプに反論した。

「直接会いましょう。あなたは私に価値がないと言っています。トランスジェンダーは関係ありません。尽力をつくしてください。」



消防士、救急車、医者のような他のヒーローに、あなたの命を救ってもらう前にトランスジェンダーかどうか皆が尋ねますか?」
- リュウ(@totalloumove)2017年7月26日

国家の非営利団体であるジェンダー・スペクトルは、ある部分について述べた。


「トランスジェンダー軍は、世界中の軍隊と我々の軍隊に効果的に働いています。

大統領のツイートに反映されている恐れは、私たちの国に奉仕していて、現在奉仕しているトランスジェンダー隊の理解が不足していることを反映しています。

ジェンダーのアイデンティティーに基づいて我が国に奉仕したいと思っている人を除外することは、個人とって有害であるだけでなく、私たちの国を安全に保つために頼っている人々のかなりの人数が増加すること考慮していません。

トランプ大統領のツイートは見出しをつかむかもしれないが、それらは、良い方針を立てません。」


2016年の軍のメモで、軍がトランスジェンダーの人々のための兵役解放政策を採用した時、当時の国防長官の言葉を引用しました。


「これは我々国民と軍のために行うべき正しいことです。

我々は、差別をもって働いている才能のあるアメリカ人、または奉仕する機会を求めている才能のあるアメリカ人について話しています。

私たちは、人の資格に関係しない障壁が、私たちが使命を最も遂行できる人材を募集し、維持するのを妨げることを許すことはできません。」



アメリカ自由人権協会のLGBT&HIVプロジェクトの上級スタッフ弁護士ジョシュア・ブロックは、声明を発表した。


「これはとんでもないと絶望的な行動である」

「この国の最前線で任務にあたっている何千人ものトランスジェンダー兵士は、彼らの基本的人類を拒否する司令官よりも恩恵を受ける価値があります。」(一部引用)

========================================


5.

一部の人は、トランプが選挙運動だと主張した。

何人かは、トランプの発表が、主要な州で民主党である敵を傷つけるようになっていると主張した。



元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。