選挙の脆弱性を見つけるために米国の投票機に侵入するようにハッカーたちが招待された

世界各地の数十万人のハッカーが、ラスベガスのデフコン大会で米国の投票機にアクセスし、脆弱性を発見するために何時間もテストした。

By RT  July 29,2017


世界各地の数十万人のハッカーが、ラスベガスのデフコン大会で米国の投票機にアクセスし、脆弱性を発見するために何時間もテストした。


金曜日、ラスベガスのシーザー・パレスには、世界各地のハッカーたちが集まっていた。

彼らは毎年デフコン大会でツイッターアカウントから自動運転自動車にいたるまであらゆることを学び、ハッキングを習得した。


これは、投票機におけるインタラクティブ・エリアを含む25年の大会の歴史で初めての年だった。


「ハッカー投票ビレッジ」は、ハッカーに選挙の結果を変えるために悪用される可能性の脆弱性を発見するために、30以上の人気投票機だけでなく、有権者のデータベースに侵入する能力を与えた。


ロイターによると、

「あなたが選挙日に行った場合、彼らはおそらくあなたを逮捕するよう促します。」

とペンシルバニア大学の教授でイベントの主催者の一人であるマット・ブレイズ氏は述べたと報じた。


ホワイトハウス国土安全保障省の関係者でこのイベントの主催者の一人であるジェイク・ブラウン氏は、ロイター通信に対し、

「この大会で、彼らがハッキング不可能であるマシンを作っているという多くの企業の主張を一掃することを望んでいる」と語った。


「私たちの選挙シシステムは、ハッキング不可能という多くの主張がありました。それは、全くのでたらめだ!」

「愚か者や嘘つきだけが、彼らのデータベースやマシンがハッキング不可能と主張します。」

とブラウン氏は語った。

=================

↑これらのすべてのマシンがハッキングできることが知られている。これは、教育を必要としている。

==================


週末には、ハッカーたちは米国の選挙でまだ使用されている投票機をいじくりまわす機会がある。

ハッカーたちは、マシンがハードウェアを介してリモートまたは物理的にどのように操作できるかを自由にテストすることができる。


==============

↑選挙ビレッジのマシンは、
Sequoia AVC Edge, ES&S iVotronic, Diebold TSX, Winvote, 、 Diebold Expresspoll 4000


=================


このイベントの公式ツイッターによると、1人のハッカーはWINVoteマシンの選挙データを含むオペレーティングシステムに1時間半で完全にリモートコントロールすることができた。

==================

↑WinVoteに1時間40分でリモートアクセスしたるカールステン シュアーマン、
デフコン投票ビレッジからおめでとう。


====================

↑開場後 90 分: (選挙データ含む) Winvote 投票端末のオペレーティング システム レベルで完全にリモートコントロール。

===================

↑これらの WINvote マシンの「セキュリティ」は、良くない。WinXPを実行すると、オートランが有効となって WEP wifi パスワードをハードコードされた。


=====================

↑しかし、ワイヤレスアクセスする選挙マシンはなかったよね?。おっと。

========================

ハッカーたちは、Dieboldマシンとe-pollingソフトウェアに1時間以内に侵入できたという最新の情報も掲載した。


==================


↑e-pollbook front:内部データ構造は既に発見され、1時間以内にリバースエンジニアリングされた。

=====================



ある時点で、主催者は選挙委員会の選挙ネットワークと投票者登録データベースを守った青チームと、それを侵害しようとした赤チームにグループを分け、競争を設定した。

このイベントのハッカーたちは、セキュリティ専門家や、選挙制度を外部の影響から安全に保つために働いている他の人からも話を聞いた。


ブレイズ氏は、このイベントで投票機の脆弱性やセキュリティの必要性についての意識が高まることを期待していると語った。


=================

↑今年の投票ビレッジは、デフコンでずっと行うことが最も重要かつ必然的なもののように思えます。

===================

USA Todayによると、

「そのような種類の火花が発火するかどうかは決してわかりません。

私の希望は、 私たちは選挙制度の安全保障を向上させるのに興味深い人々のコミュニティの広がりを見ていくことです。」

とブレイズ氏は語った。


関連動画↓


元記事は、https://www.rt.com/usa/397907-defcon-first-voting-village/

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。