マケインがオバマケア廃止に反対票を投じた本当の理由

反対票を投じるため上院に戻った裏切り者のジョン・マケイン氏のせいで、オバマケア廃止に失敗した。おそらく、そこには邪悪なものがある。


BY AMY MORENO JULY 29, 2017


木曜日の夜、何もしない共和党上院議員は、オバマケア廃止の縮小したバージョンに投票した。

この法案を廃案に追い込むために病院から引きずり出され、反対票を投じるため上院に戻った裏切り者のジョン・マケイン氏のせいで、オバマケア廃止に失敗した。


多くの人が、マケインが法案に反対した本当の理由を推測している。

- それはトランプに対する憎悪か、アメリカ人をだますために専念しているか民主党への忠誠心なのか?

おそらく、それよりももっと邪悪なものである。


Daily Caller から:


アリゾナ州のジョン・マケイン上院議員は、2008年の失敗した大統領選挙後。大統領選挙からの未使用資金マケイン・インターナショナル・リーダーシップ研究所(McCain Institute for International Leadership)という新たな財団に流用した。


同研究所は、マケインの「遺産」としての役割を果たし、「人権、尊厳、民主主義、自由を向上させることに専念しています」とある。


資産は810万ドルであり、アリゾナ州大学を関係のある非課税の公益法人である。


しかし、保守派およびリベラル派の批評家は、この機関がマケインにとって大きな利益相反を構成していると考えている。


デイリーコーラーニュース財団の調査グループは、このことについて調べていた。


1967年に北ベトナムに撃墜され、1973年まで悪名高いハノイ・ヒルトンで捕虜であった元海軍のパイロットのマケインは、ワシントンDCの大きな政治権力者である。


彼は現在、上院軍事委員会委員長である。


この研究所の献金者と組織の排他的な「セドナ・フォーラム」のマケインの個人的リーダーシップは、いわゆる定額課金制において、強力な政政治家と年一回の合同利益供与団体であるクリントン・グローバル・イニシアティブ(CGI)と異様に似ていることを批評家たちは懸念している。


同研究所は、億万長者でリベラルな活動家の出資者ジョージ・ソロスとビル・クリントン元大統領の「バッグマン」のダグ・バンド氏が共同出資した営利企業であるテネオから10万ドルもの寄付を受け入れている。


==========

バッグマンとは・・・
犯罪行為の際に商品や金銭を人と人の間に運ぶ人。例えば、強盗を募集するために来ている凶悪犯、そしてそれをより高齢のギャングのメンバーに持ち込む人。もう一つの例は、弁護士であり、裁判官に賄賂を払うための資金を集める人。

===========


テネオは長い間、儲け話と商談でクリントンを豊かにしてきた。

ブルームバーグによると 、同研究所に2016年にはサウジアラビアの100万ドルの寄付金が寄付され、マケイングループは公表することを拒否している。


さらに、同研究所は、モロッコ国営企業から少なくとも10万ドルを徴収し、労働者の虐待と搾取の罪を繰り返した。


マケイングループは、未公開株式と不動産会社であるピーヴォタルグループを所有するフランシス・ナジャフィ氏によってつくられたピーヴォタル財団から少なくとも10万ドルを受け取っている。


ピーヴォタル財団は、過去3年間に、オバマ政権が交渉したイランの核兵器取引に関する声明の提唱者であったナショナル・イラン系アメリカ人協議会(NIAC)に205,000ドルを贈った。


NIACのウェブサイトは、この団体が「イラン系アメリカ人の声を強め、アメリカ人とイランの人々の間の理解を促進することに専念した無党派の非営利団体」と主張している。



元記事はこちら↓↓↓

海外ニュース翻訳情報局

トランプ大統領誕生において、日本に入ってくるメディアの情報があまりに偏った情報が多いので、私共が目にしたニュースなどや公式発表をできるだけ客観的に翻訳しました。 私共の記事を読んでの判断は、各自ご自身でお願いします。